無料ホームページ ブログ(blog)
華's Room☆ 映画・ドラマの話
 
 
 

■Profile

華
  • レース業界で働くダーリン、Pちゃんと二人暮らしのカラテカ女子。(空手歴10年初段、三十路オーバー)
    医療系資格持ちの現役女子大学生。

  • RSS


  • 09 2017/10 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    ■Link

  • きままな掲示板☆ どんなネタでも OKです!足跡残して行って下さい
  • のほほん人生 (よこきさんblog)
  • ☆moonlights(LevieさんHP)
  • ONE VOICES(Levieさんblog)
  • sugar days(ともちゅわんblog)
  • PURI PURI BLOG(かこままさんblog)
  • capriccio(かのんさんblog)
  • quattro's room(quattroさんblog)
  • PARLOR CAR(あんだーていかーさん)
  • バンダイのプラモデルを9割に持ってくることを考えるページ(プロキックボクサー飯塚選手のHP。ガンプラ好きな方、どうぞ)


  • ■Recent Entries

  • 久々更新(04/26)
  • ゲット!(03/12)
  • 景品にはまる…(03/01)
  • 超ネガティバー(02/27)
  • バレンタインデー(02/14)
  • iーpod(02/07)
  • 試験期間中につき(01/22)
  • 悪者??(01/11)
  • さくらちゃんのお友達(01/09)
  • 減量生活10月編(01/08)


  • ■Recent Comments

  • ともちゅわん(03/17)
  • (03/15)
  • ともちゅわん(03/15)
  • (03/02)
  • (03/02)
  • ヨコキ(03/01)
  • ヨコキ(03/01)
  • ヨコキ(03/01)
  • かのん(02/28)
  • (02/27)
  • ヨコキ(02/17)
  • (02/12)
  • ヨコキ(02/08)
  • (02/07)
  • (02/07)
  • (02/07)
  • ともちゅわん(01/23)
  • ヨコキ(01/23)
  • (01/21)
  • (01/21)


  • ■Recent Trackbacks

  • 仙丈亭日乘:「のだめカンタービレ」第13卷 二ノ宮知子(09/24)


  • ■Category

  • 華の日常 (58)
  • 空手の話 (17)
  • 大学の話 (9)
  • 仕事の話 (3)
  • 映画・ドラマの話 (6)
  • 漫画・小説の話 (6)
  • ショッピング (3)
  • グルメ (5)
  • 華@携帯投稿 (21)
  • ご挨拶&自己紹介♪ (0)


  • ■Archives

  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (3)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (5)
  • 2005年09月 (5)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年06月 (2)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (4)
  • 2005年03月 (7)
  • 2005年02月 (23)
  • 2005年01月 (18)
  • 2004年12月 (31)
  • 2004年11月 (11)


  • ■Search



    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック(-) | コメント(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2005/08/21(日) 姑獲鳥の夏

    20050821000300

    をほほほ!
    ついに姑獲鳥の夏、観に行きました。
    京極夏彦ファンのあたくしにはたまらないもんでした。
    建造物、風景、どれをとっても原作に忠実に作られていて、自分の頭の中で創造していた世界が再現され、ちょっと感動モノでした。
    キャスティング的には、堤真一好きだけど、自分の中の京極堂のイメージは野村萬斎(漢字合ってるか!?)でした。
    でも堤京極堂も観てみたらなかなか良かったです。
    他のキャスト、阿部寛や宮迫博之、永瀬正敏、すごいはまってた!!

    けどけど、原作を読んでいない、一緒に行った友人は、な事が多かったようです。
    細かい人物紹介など、映画では省かれているので、映画だけであの作品を理解するのはたしかに大変かもしれないです。

    なので、原作読んでから観に行く事をお勧めしますです。

    京極堂シリーズでは、なんだか哲学のうんちく、カント、デカルトの世界??みたいなのを感じるけど、そんなへりくつうんちく(失礼・・)も楽しめる独特の世界観があたしは好きです。

    華の好きな話は二作目の「魍魎の函」
    映画化求める

    最近気づいたのですが、私、どうも阿部寛が好きなようで。。
    特に、トリックの上田次郎役、今回の(姑獲鳥の夏)榎木津役、ドラゴン桜の桜木弁護士、
    古くは舞台、熱海殺人事件モンテカルロイリュージョンの(役名忘れた)迫力の女装(!!)姿などなどなど、ひきつけられてやまない何かを彼に感じるのです。

    私、馬鹿と天才紙一重みたいなのにちと弱い。
    そうゆう役が似合いすぎです、阿部寛!!!

    しかし、そんなやつが身近にいたらものすごい迷惑だろーなー。
    これからも阿部寛の活躍を期待したいと思います。

    あれ、いつのまにか阿部寛の話題にすりかわってるし・・・

    そして、写真は映画館に飾ってあった姑獲鳥(妖怪)の人形です。
    あまりにリアルだったので、つい






    スポンサーサイト
    00:03 | トラックバック(0) | コメント(2) | 映画・ドラマの話 | Page Top


    ■2005/03/14(月) さまよえる魂達

    20050324000510.jpg


    TSUTAYAをうろうろしてたら偶然見つけたのがこのDVD。

    なんとマイケルJフォックス主演、ロバートゼメキス監督の作品である。

    なんとなくそそられてついレンタル。
    あぁ~、やっぱマイケルJフォックスっていいなぁ。

    内容的には、交通事故にあってから霊がみえるようになった主人公が、幽霊を手下にしてポルターガイスト現象を起こし、それを納めるいんちき霊媒師をしている。
    で、本物の悪霊と対決する事になるコメディーっぽいホラーである。

    ラストはあっけなすぎるカンジだったのと、手下の幽霊達がいい味だしてたからもう少し掛け合いが多ければ楽しかったのになー、というのが感想でしたが、この軽いノリというか、重くならないのがマイケルJフォックスのいいとこだなーと思いました。

    パーキンソン病と聞いているが、とにかくスクリーンから姿を消した事が惜しまれます。




    23:04 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画・ドラマの話 | Page Top


    ■2005/02/24(木) プロジェクターでシュレック2鑑賞

    20050306084733.jpg


    最近購入した我が家のプロジェクター。
    プラズマよりも映画館っぽい雰囲気が出ていて私はお気に入りです。

    今日は「シュレック2」を吹き替えバージョンで観ました。
    浜ちゃん、以外にいい味出してる。

    フィオナ姫の藤原紀香=キャメロン・ディアスから、チャリエン2のキャメロンの吹き替えが藤原紀香になったのかな??声の感じが二人共よく似てる。。。

    長靴を履いた猫がお気に入りキャラです。
    (竹中直人=アントニオバンデラス)

    20050306084813.jpg


    それにしても私、映画観てる暇なんてあるのか!?
    追試が。。。。。

    23:48 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画・ドラマの話 | Page Top


    ■2005/02/12(土) 好きな映画についてのあれこれ・・

    Pが熱を出した。

    風邪っぽい、とかお腹壊した、とかはたまにあったけど、熱を出したのは知り合って初めてかも!!

    んなわけで、あんまり騒々しく掃除したり洗濯したりって出来ないから、Pが寝てる隣の部屋でひっそりテレビ観て過ごしました。

    今日はなんかやたらと映画特集が多かった。
    オードリーヘップバーンとジュリーアンドリュースの戦い、とか、チャップリンの話。猿の惑星の裏話。
    ちょっと昔の名作、特にオードリーの映画を観てみたい気分になりました。

    考えてみたら私、ローマの休日もティファニーで朝食を、も麗しのサブリナも観た事ない。
    マイフェアレディーだけかな・・観たの。

    映画といえば、中学高校の頃、みんなが光GENJIだ!少年隊だ!と騒いで明星や平凡を買ってる中、私ひとりスクリーンとロードショウ買ってたなー。

    リバーフェニックスが大好きで、リトルニキータ・旅立ちの時・マイプライベートアイダホ、観に行きました。

    それから、ウィノナ・ライダーも大好きで、カノジョみたいになりたいと真剣に思ってた。(爆

    ウィノナ主演の単館でやってた映画「へザース」に感銘を受けて、ビデオまで買って何回も観てました。
    相手役のクリスチャンスレーターも好きだったので、ほんとにハマってました。

    けど、ごく最近「へザース」観たんです。
    あの頃感じたリアルな感情っていうのか、昂揚するような感覚が全くなくて・・・・すごいショックでした。
    「へザース」では、高校生が主人公。で、自分も高校生だった。
    この頃にしかわからない、特別な感情、とでもいうのか・・

    思い出は思い出のままの方が美しいのかな。
    なんか、一つ大切な宝物を無くしたみたいで悲しい。

    好きな映画といえば、あと「テルマ&ルイーズ」劇場に3回行った。
    多分10年前くらいの作品だと思う。
    20代前半の私が観て感動したものを、32才の私がみたら(おっと、誕生日来たから33才だった・・)また感動できるか??
    それが怖くて、DVD化してるけど観てない。

    それから、私の心にずんっと染みこんだ映画がもう一本
    「トーチソングトリロジー」
    主演男優さんは忘れてしまったんだけど、脇役でマシューブロデリックが出ていたのでたまたま観た映画でした。
    ゲイのカップルの話なんですけど、話の後半、ゲイを迫害する集団によってリンチを受けて恋人が死んでしまう。

    で、「恋人の死は辛いけど、辛い思いを忘れるのでなく、指輪がいつしか自分の体の一部になるように、思い出もまた体の一部になっていくの・・」みたいなセリフにすごく感動したんです。
    こうやって文章にしちゃうとなんか安っぽくなるけど、とにかく感動したんです。

    この映画も、もうずっと観てない。
    ずっと好きなままでいたいから観ない方がいいかな、って気がする。

    おもしろくて好きな映画はずっとかわらず楽しめるのに、(インディージョーンズとか、ハムナプトラ、グーニーズ、スターウォーズ、ターミネーターetc・・・)感動したり昂揚したりした映画は、年齢を重ねる事に感じ方が変わってしまうのはなぜだろう・・。
    そして、昔はつまんないと思った「シェルタリングスカイ」とか、もしかしたら今観たら感動したりするのかな?


    なんか、気づけば支離滅裂な文章になってるな~。

    今日は映画について語りたい気分だった私デシタ☆
    23:29 | トラックバック(0) | コメント(5) | 映画・ドラマの話 | Page Top


    ■2005/02/07(月) “不機嫌なジーン”にはまる

    月9にしては地味な舞台だし、一般受けするのかなー、なんて思ってたけど、私はすっかりハマってしまいました。
    月9にハマったのなんて、初めてかもしれない!!


    理学部の大学院生って設定が、同じ理学部としてなじみやすかったのもあるし、変に意地をはりすぎない(素直な?)ジーンの恋愛姿勢が好きだなー、って思ったからかな?
    南原教授とジーンの、二人だけにしかわからない世界観ではしゃいだり、喜んだり、大笑いしたりしてるシーンが大好き。


    竹内結子、好きでも嫌いでもなかったのに、なんか気になるようになってしまった。
    うん、私の好みのタイプとは違うけど、かわいい。

    しかし、南原教授(を演じてる役者さん)、初めて観たのがエースをねらえの宗方コーチ役だったから、すごいギャップに苦しみましたが、今はすっかり南原のイメージで固定されてしまいました。

    今期のドラマでは、あと「ごくせん」と「特命係長只野仁」を観てます。

    両方とも、「水戸黄門」的おもしろさが好きです。


    苦手なジャンルは、Pちゃんのはまってる「Mの悲劇」とか・・
    もどかしい思いをするドラマはちょっとわたし的にはNGかも。

    ドラマはやっぱ笑えてHappyな気持ちになれるのが好きな、単純華ちゃんデシタ☆















    23:09 | トラックバック(0) | コメント(2) | 映画・ドラマの話 | Page Top


    ■2004/12/10(金) マッハ!

    ムエタイの映画「マッハ」のDVD観ました。

    ストーリーよりなにより、主演のトニー・ジャーが凄かった

    ムエタイアクションの美しいこと・・・

    格闘技好きにはたまらない一本です。

    格闘技に興味ない人でも、かっちょいい~って思うのではないでしょうか??

    ストーリーは、単純明快な勧善懲悪。

    あ~。私もあんなわざ使ってみたいー。



    23:48 | トラックバック(0) | コメント(0) | 映画・ドラマの話 | Page Top


    |


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。